« レオパレスって便利 | トップページ | 暴れん坊アイドル »

2008年3月 8日 (土)

賢人への道

賢人と呼ばれる人間になりたいんだ。

賢人は、同じミスを繰りかえさない。
賢人は、一度の失敗を教訓として成長する。
そして、その失敗を人生の教えに昇華させる。

具体的にいうとこういうことだ。

鼻歌を歌いながらタマネギをみじん切りしている。
鼻歌がサビの部分に来て、気分が高揚する。
見事指をカットしてしまう。

人生の失敗の一場面だ。

もしこれを、
「タマネギをみじん切りにする時には
 鼻歌なんか歌わないこと」
といってしまったら、これは教訓などではない。
タマネギを切るときの注意事項だ。
だから、こんな言葉を発しても、賢人とは認められない。

だけど、これを「好事魔多し」と言ってしまえばどうだろう?
なんかカッコいい感じがする。
別に鼻歌でサビの部分が来ることは「好事」でもなんでもない。
でも、「好事魔多し」といってしまうんだ。
これこそが賢人の心得。

いや、待て待て!
本当にそうなのか?

クラーク博士は
「Boys be ambitious」
なんて言っていないという説もある。
クラーク博士と別れた後、
教え子たちによって作られた言葉だ、という説だ。

そうだ!
必要なのは優秀な弟子だ。

たとえば、僕がこんなことを言う。
「いやあ、ウンチすると、オシッコも一緒にでるんだよね。
 ウンチだけ出すってできないのかなぁ?」
すると、弟子はこう言うんだ。
「先生は、『大は小を兼ねる』とおっしゃったぞ!」
「あなや!なんと名言であることよ」

「いや、隣の若い娘のパンツが窓際に干してあってさ、
 やばいかなと思ったんだけど、窓開けて盗んじゃった」
とかいうと、すかさず弟子が
「先生は『虎穴に入らずんば虎子を得ず』とおっしゃった」
「あなや、なんと名言であることよ」
という具合だ。

こんな具合に、ウンチして、下着盗んで賢人。
優秀な弟子求む。
サヨオナラ。サヨオナラ。サヨオナラ。
我ながら駄文。多分、和文。じゃぶん。

« レオパレスって便利 | トップページ | 暴れん坊アイドル »

コメント

先生は、「秘すれば花」とおっしゃったぞ!

いや、コメントずっとなかったので気づかなかった。放置してごめんなさい。
しかし「秘すれば花」というのも、きっと昔の「お宝鑑定団」みたいなので、恥じをかいたときの言い訳なんじゃないの?「ぷっ!家宝とかいって、偽物じゃん」とか言われて「秘すれば花だもんね!」
とか、常に人を疑って生きています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賢人への道:

« レオパレスって便利 | トップページ | 暴れん坊アイドル »

フォト

KEIZO関連リンク

  • AprilFool(エイプリルフール)
    Vary ApeのApeが主催する、愛すべき「おとなバカ」が集まるハミだし系おもしろヴィレッジ。音楽や漫画やファッションを中心に各分野で活躍中のクリエイター参加型による特集記事などを掲載。KEIZOのコラムも掲載されてます。
  • 殺し屋日記
    高級センチメンタルバンド、殺し屋ベイビーのメンバーが暇つぶしにしている写メブログ
  • 殺し屋ベイビー
    KEIZOが所属するプログレッシブ童謡バンド、殺し屋ベイビーのHP
  • MySpaceにて音源公開中
    KEIZOが所属するプログレッシブ童謡バンド、殺し屋ベイビーの音源が聞ける、重宝なサイト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ